私たちが選ばれる理由

ヒアリング力

 システムの要件定義は、クライアントのニーズを正確に把握することから始まります。その際に大切なことは、余計な機能などの無駄を省き、コストに見合ったシステムを構築すること。また、可能な限りシステムの利用者の声を聞くことで、よりユーザビリティの高いシステムを目指します。

リテラシー

 上流工程においては、クライアントの言葉をシステムに置き換えながら、なおかつシステムが利用される業界・業種で起こりえる操作や要望なども想定。また、そのシステムの稼働に必要なハードウェアやネットワーク環境も提案するなど、豊富な知識と経験を活かしながら多角的な分析を行います。

ディレクション開発力

 上流工程からその後の設計・開発・運用・保守にも一貫して関わることで、クライアントのニーズを正確に反映しながら、システムの品質を保証。特に開発工程においては、その進捗状況を随時、把握することで、トラブルを未然に防ぎ、日々の業務量をコントロールできるなど、様々なメリットがあります。

運用支援

 完成したシステムにその後の運用・保守は必要不可欠。長期的にシステムを利用していく際には、ニーズの変化による改修も避けられません。その際には、システムの開発から関わっている弊社だからこそ、クライアントの本質を理解した解決策の提案を行うことができます。