エスエスアイの事業領域

より良いシステムがより良いビジネスをつくる。

 システム会社の最大の目的は、“良いシステム”をつくることにあります。それではどんなシステムが“良いシステム”と呼ばれるのか。それはクライアントのニーズにかなっていることに他なりません。

 エスエスアイでは、クライアントからのニーズを正確に把握した上で、まずは確立した専門分野をもった「ITストラテジスト」が、企業の経営戦略に基づいたビジネスモデルや企業活動を踏まえ、システムの活用を通じて改革・高度化・最適化された基本戦略としてご提案。さらにその提案の実現に向け、該当する分野における専門性をもった「システムアーキテクト」が、システム開発に必要な要件定義やアーキテクチャの設計、その後のシステム開発も主導していきます。

 このように様々な分野で専門性の高いノウハウをもったスペシャリストが、お互いの得意分野を活かしながらチームを組み、クライアントのニーズの解決に取り組みます。

一元開発、一元管理。クオリティ担保こそが、最大の使命です。

 システムの開発には、品質と納期に見合った人員を投入。要件定義の根拠となるクライアントのニーズを正確に把握することで、全員が同じゴールを共有しながら、プロジェクトを進めます。またその後の安定稼働に向けても、そのシステムが開発された背景を理解することで、よりクライアントの目線に立った運用・保守を実施。システムを開発した張本人として、継続的にクライアントの事業をサポートしていきます。